結婚式LP試作②

 

ゲストの心に一生残るおもてなし。
生演奏でしか生み出せない演出で、
特別な日をより格式の高い結婚式へ 

ABOUT

 

結婚式で生演奏をするイメージがわかない方はまずはこちらの動画をご覧ください。

                                    新郎新婦入場シーンより

こんな方におすすめです

 

とにかく式を豪華に見せたい
格式高い式にしたい
印象に残る式にしたい
人と違う式にしたい
音楽にこだわりがある
へんな余興はしたくない
結婚式を映像やCDで残したい
BGM選びが面倒

                           

生演奏だと、CDなどをスピーカーから流すよりも迫力がありますから、ゲストの注目度も高くなること間違いなし。
生演奏でしか生み出せない雰囲気は、特別な日であることを、ゲストにもより実感してもらえるので、格式の高い結婚式を演出した方にはおすすめです。

ジャズ大事典にのっている、CDをリリースしている、などの一定の条件を満たした一流アーティストか演奏 。また、気になったアーティストがいれば指名することもできます。

式場に演奏者を頼むと、式場の電子オルガンを弾ける従業員が演奏をするか、外部のプロアマが所属する派遣事務所に外注を出すかになりますが、こちらでは演奏(ヴォーカル、ピアノ、ベース、ドラム等)をするミュージシャンは、専門誌やウィキペディアにも紹介をされている日本を代表するトップミュージシャンばかりです。PA(音響)もトップミュージシャンの音響を行っている技術者が式での音響を全てコーディネイトするので、式場の空気が一変し、音楽だけで普通の式がゴージャスな式に変わります。

カルテット、トリオ、ドゥオなど華やかなシーンでは思い切り派手に、歓談中なら穏やかな演奏にできたりと シーンに合わせて自由な演奏が出来ます。また新郎新婦入場で着席と同時に曲が盛り上がったり、突然のトラブルに合わせて演奏を延長することも可能です。

拍手やスタンディングオベーションを来客に促して盛り上げなくても、自然に豪華でオシャレに盛り上がります。上記の映像のゲスト入場時はヴォーカルが入っていますが、会場、来客の雰囲気、歓談の様子(知りあい同士で話が盛り上がっていたり)によって、来客同士で盛り上がっている時はインスト(歌なし)で静かに演奏をしたり、話飽きた頃に歌を入れたり等、当日のその場の様子、雰囲気で対応可能です。

ジャズミュージシャンはアドリブ(即興演奏)が出来るので、例えば新郎新婦入場で、新婦が途中で転んでしまったり、新郎が入場途中で友人と写メを撮ったりして、登壇、挨拶が遅くなっても、アドリブで演奏時間を長くする事も、逆に新郎新婦が緊 張をしてすぐに登壇してしまっても、その様子を見て早めに曲のサビに行ったり、リット、フェードアウトをして自然に曲を終える事も可能です。

その他の何らかのトラブルで大幅に時間が押したり、逆に早くなってしまっても、曲を長くしたり、短くしたり、曲数を多くしたり、少なくしたりする等で時間調整は当日のその場でも対応可能です。どの現場でも大小ありますが、ちょっとしたアクシデント、トラブル等はよく起こります。その際はこちらの数十年間の経験、キャリアで適切に対応いたします。

         
         
 
         1つでもあてはまる方は
    是非お気軽にお問い合わせください。
        無料相談受付中!
  • お問い合わせ
 
自分達とゲストの満足感は違います
 
「どうせやるなら」自分達もゲストの方々も全員が満足して過ごせる結婚式・披露宴にしたい、ということは
 
全てのカップルの方々に共通する思いであるはずです。
 
結婚式当日というのは、今まで一生懸命準備してきた自分達だけでなくお祝いに駆けつけてくれる、ゲスト方々
 
も楽しみにしていることは間違いありません。
 
しかし、式場の言いなりになってやみくもにグレードアップしたからと言って、心に残る結婚
 
式になるわけではありません。自分達が感じる満足感としては準備した通り・予定通りの進行
 
ができたことや何より、ゲストからの祝福が喜びとなるはずです。
 
長い間親しくしてくれた人が駆けつけてくれ、しかも、祝福の言葉をくれることは今まで味わ
 
ったことのない感動を得ることができるはずです。滞りなく終わりさえすれば、新郎新婦は大
 
満足・・・ということがほとんどですが、それよりもはるかに難しいことがお呼びした・わざ
 
わざいらしてくださった「ゲスト」に満足してもらうことです。
 
ゲストの満足感とは?
 
近しいゲストの方は、本当に心から祝福に来てくれると思いますが会社関係の方や、遠い親戚の方などでは「形
 
式上お呼びしている」ということも、正直言って多いと思います。
 
そういった方もゲストであることには変わりなく、ましてや、「ご祝儀」を包んできてくれています。そういっ
 
た方々にこそ食事や演出で落胆させない(極端にケチることは無いようにする)退屈をさせない(余興などをう
 
まく使う)少しでも有意義な日にしてもらう(初対面でも会話しやすい環境)こいった工夫や、努力が必要にな
 
ります。

料理がおいしいと心に残るのか?

お呼ばれゲストの「披露宴満足度」第1位は「料理」
確かに、料理が美味しくなかったら残念ですよね。でも、ある程度美味しければ美味しかったと認識されます。そして、料理が美味しかった事も何年かしたら忘れられてしまいます。(美味しくなかった事は何年たっても覚えてますけど、、、)

では、どうすればよいの?
お呼ばれゲストの「披露宴満足度」第1位は「料理」でしたが他はどうなのでしょうか。
第2位は「新郎新婦のおもてなしを感じる内容・もの」第3位「人柄がわかる内容・もの」です。
つまり、ドレスにお金をかけても、自己満足でしかなく、ゲストにはブランドはわからない。
小物も、例えばリングピローをグレードアップして気がつく人がいるのでしょうか?実際私の結婚式では新郎のグローブをけちって軍手を持ちましたけど(笑)、誰にも気づかれませんでした。料理のランクを2つあげるより、デザートブュッフェをつけるより、ブランドのドレスを着るより、本物のアクセサリーを求めるより、ゲストの心にに残り、新郎新婦の2人がさらに輝いて見える方法が、「披露宴満足度」第2位の「新郎新婦のおもてなしを感じる内容・もの」と第3位の「人柄がわかる内容・もの」をかけあわせた音楽の生演奏です。

JAZZ生演奏でゲストの心に

一生残るおもてなしを。

 

ゲストに格式高い披露宴を印象づけられる

一流アーティストが演奏

希望のアーティストを選べる

一流のPAが式場と打ち合わせ

シーンに合わせて自由な演奏が出来る

式に合わせて音楽の長さを調節できる

面倒な打ち合わせなし

面倒な曲選びなし

日本語の歌にも対応

FOR YO    

FLOW

 

                   安心の2ステップ

             
       PAとの打ち合わせ             式場との打ち合わせ
                           (弊社が代行して行います)

PLAN

 ソロ

対応楽器
ピアノ、ギター
 
 
 
デュオ

ピアノ+ベース、ピアノ+うた、ギター+うた など
 
 
トリオ
 
 
ピアノ+ベース+ドラム
 
 
カルテット

ピアノ+ベース+ドラム+ヴォーカル
 
 
 
クインテット・その他
 
カルッテト編成にツインヴォーカル、フルートなどの
フロントをプラスしてお好みの編成にすることができます。
 
 
 

OPTION

 

ビデオ

当日の映像を作成するオプション。

名入れCD

当日の演奏をCDでお渡しするオプション。

ミュージシャン指名

お好みのシンガーを指名できます。
正確な金額をお見積させていただくために、
まずはお問い合わせください。
  • お問い合わせ
 

PROFESSIONAL

 

お客様の結婚式を彩るプロフェッショナルをご紹介します
再生アイコンをクリックすると音楽が再生されます。

★須田晶子(Vocal)
洗足学園大学を首席で卒業後、単身渡米、ロサンジェルスのLA Music Academyに奨学生を経て、ニューヨークを拠点に世界各国の様々なミュージシャンと共演し活躍する。2013年 日本帰国後CDデビューし、様々なトップミュージシャンと共演、レコーディングに参加。その独自の音楽性は評論家にも高く評価、注目されている。2016年10月には『Flowers On The Hill』をリリース。


★杉山未紗(Vocal)

幼少時代はアメリカで暮らし、ネイティブの発音を持つ。慶應大学在学中から様々なアーティストとの共演を果たし、ラ イヴ活動を行う。2010年3月、「Silent Jazz Case(島裕介From Shima&ShikouDUO)」をプロデューサーに迎え、自身で作詞作曲も手がけているソロデビューアル バム「FLY HIGH」をリリー ス。楽曲「FlyHigh」がフローレス化粧品”母の雫”のテレビCMに起用される。
2011年11月16日ポニーキャニオンよりアルバム『ウィル・ラヴ』を発表。それに先駆けて、自身のオリジナルである収録曲「フレイム」が、10月17日よりテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」のエンディン グテーマとしてオンエアされる。

・ニューヨークシティー

★紗理(Vocal)中村紗理・Sari

1985年横浜生まれ。
日本を代表するジャズサックス奏者、※中村誠一(T.sax)の娘。
5歳よりダイアナ石山Song
&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。

ミュージカル女優を目指していた高校2年次、エラ・フィッツジェラルドの歌に衝撃と感銘を受け、ジャズヴォーカリストになりたいと思うようになる。2004年洗足学園音楽大学ジャズボーカル科に入学、Dana
Hanchard氏に師事する。それと同時にライブ活動を精力的に始め、
在学中から「味の素ギフト」「タイヤ館」「三ツ矢サイダー」のCMソングやナレーションなどでも活躍。

2008年洗足学園ジャズヴォーカル科を首席で卒業。
同年、5月公開
覚和歌子、谷川俊太郎、監督のカンヌ国際映画際出展作品 『ヤーチャイカ』の主題歌を唄う。7月渡米。ボストンにあるBerklee College of
Musicに留学。Gabrielle
Goodman氏に師事し、NYでライブ活動なども始める。

2010年アメリカから帰国後、第30回浅草JAZZコンテストにて銀賞受賞。ディズニーオンアイス2011では、「アラジン」
ジャズミン、「美女と野獣」ベルのパートの日本語吹き替えの歌を担当する。

2013年10月には、待望の自身のデビューアルバム「The
Sweetest Sounds」をリリース。音楽雑誌JAZZ JAPANなどで大きく取り上げられ、同年11月、Thelonious Monk Institute
of Jazzがサポートするヴォーカルコンペティション”Osaka Asian Dreams Jazz Competition
2013’”で優勝。

現在、ジャズシンガーとして、ソロ活動をする傍ら、ジャズコ‒ラスユニットChai-Chee  Sisters(チャイチーシスターズ)”でも活躍中。

・ティー・フォー・トゥー Vocal

※ 中村誠一・・・・・
ジャズテナーサックス奏者。初代山下洋輔トリオでデビュー、
フリージャズを演奏。その後、自己のグループ、ジョージ川口NewBig4で演奏活動を行う。
1978年渡米、ジョージ・コールマンに師事。『中村照夫とライジングサン』でボブ・ミンツァー
などとクラブ、コンサートに出演。帰国後、NTV『今夜は最高』にタモリと出演。

★中村紗理、須田晶子(ツイン・ヴォーカル)

・イッツ・ドン・ミナ・シング

・クロス・トゥーユー

★Miya(フルート)
日本の音大を卒業後、2010年イギリスに留学。日本のみならず、ヨーロッパ各国で活躍する。様々なトップミュージシャンと共演。その後は独自の音楽スタイルを確立し、自身のCDアルバムを含め、数々なレコーディングに参加。日本の音楽界をリードしている。

・ブルー・ボッサ(歌なし、インスト)

・情熱大陸(歌なし、インスト)

気に入ったフロントミュージシャン(ヴォーカル、フルート)がいましたら、順番をつけていただければ、その順でミュージシャンにオファーを出してスケジュールを押えますので、お早めにお知らせください。

※指定したミュージシャンのスケジュールが押さえられない場合がありますのでご了承ください。その場合、上記以外のミュージシャン(日本ジャズ界の人名辞典に名前が掲載されているトップミュージシャン)を新たに紹介いたしますので、その中からお選びください。

REPORTお客様の声

 

Nさま・Fさま

最初は値段が少々高く感じたので、頼もうか迷いましたが 仕上がって見ると値段以上の価値があると思いました。両親やゲストの皆様には感動して涙が止まらなかったと言われました。
何より私自身が 1番感動しました。本当に良かったです!

Iさま・Mさま

両親はもちろん、友達、みんな感動してくれたようです。

披露宴が終わってからも色々な人から「余興のジャズすごくよかった!」と言っていただきました。結婚式でジャズは見たことがない演出だったようで新鮮だったようです。

これからもたくさんの新郎新婦さんに素敵な演奏を届けてください!
本当にありがとうございました!

Iさま・Hさま

披露宴後のゲストのお見送りでは皆様に感動したとお声をいただきました。

特に両家親族からは、最高のサプライズだったと感動してくれました。

会場が1つになったように感じました。

Tさま・Kさま

担当してくださったPAさんがとても優しく、安心して頼む事ができました。
本当にありがとうございました!面倒な打ち合わせもなく、曲目もお任せできたので、楽でした。

Mさま・Nさま

『私たちにしか出来ないサプライズをしたい』『記憶』にも『記録』にも残る披露宴をしたいと思っていました。他者にはこだわりが見えないドレスのランクを上げる代わりに、生演奏を選んで本当に良かったです。

Gさま・Dさま
生演奏だと感動が違います。実際に自分も感動しましたし、母親も号泣だったので成功だと思います。

Aさま・Tさま
やはり生演奏がある方が高級感や特別な感じがしていいと思いました。 友人の余興も特に行わなかったため、音楽は生演奏が迫力あっていいと思いました。

GALLERY事例動画 

新郎新婦入場


来賓入場

余興

Q&Aよくある質問

 

Q)どこの式場でもできますか?
 A)首都圏にかぎります。
 
 
Q)披露宴ではなく、パーティでもできますか?
A)パーティーでの演奏も可能です。また、2次会でも可能です。
 
Q)料金はいくらですか?
A)お申込み時期や式場、希望バンド形態やオプション、指名料、によって異なりますので、まずはお問い合わせください。
 
Q)結婚式まで日がないのですが、お申し込みはいつまでにすれば間に合いますか?
A)ミュージシャン手配の都合上、最低でも1ヶ月〜1ヶ月半前にはご連絡ください。期間が短いほど希望のミュージシャンをおさえることが困難になりますのでご了承ください。(日にちが迫っていても対応可能なこともございますので、まずはご相談ください)
 
Q)このシンガーさんに歌ってほしい!という指定はできますか?
 A)指名は可能です。上記のサンプルの中からご指定いただいても構いません。式までの期間が
 短いほど希望のミュージシャンをおさえることが困難になりますのでお早めにご連絡ください。
 
Q)披露宴のどの場面で演奏をしてくれるのですか?
 A)来賓入場、新郎新婦入場、余興などいろいろなシーンで可能です。
 
 
 
Q)結婚式当日に流す用の映像は制作してもらえますか?
 A)映像作成は、お式当日の様子を撮影したものになります。
 
Q)PAとはなんですか?
A)PAは「Public Address」の略で、楽器の音量のバランスや音質など、音を総合的にデザインする要素も含まれてきます。
 
 
Q)PAはかならず入りますか?
A)ソロを除き基本PAも入り、式場との専門的な音響打ち合わせをお客様のかわりに行ったり、お式当日も滞在し音を総合的にデザインいたします。
    
 
    是非お気軽にお問い合わせください。
        無料相談受付中!
  • お問い合わせ